「会長就任にあたり」

 日頃より当協会の活動にご理解・ご協力を賜り心よりお礼申し上げます。当協会の会長に就任し2期目となりました。引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 さて、昨今猛威を振るうCOVID-19により社会情勢は一変し、様々な場面で日常が変化しました。感染等によりお亡くなりになられた方におかれましては、心よりお悔やみ申し上げます。COVID-19は通所リハビリテーションを始めとする通所系サービスにも甚大な影響を与えました。当会においては、主催研究大会や多数の研修会が開催中止(延期)となり、例年では対面で皆様と一緒に盛り上げていた事業が滞る事態となりました。しかし、ワクチンの接種が進むにつれて、わずかながら希望の光がみえ始めています。今後は明るい未来に希望を抱き、ポストコロナに向けてともに歩んでいきましょう。

 話は変わりますが、令和3年度は介護報酬改定により幕を開けました。通所リハビリテーションにおいては、旧リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ、介護予防リハビリテーションマネジメント加算が基本報酬に包括されたことで、リハビリテーションマネジメントの概念は通所リハビリテーションにおいて必須となりました。また、多職種を配置している通所リハビリテーションの特性である、口腔・栄養を含めた一体的な支援がより強化されました。さらには、LIFEの誕生による科学的介護の推進や、生活行為向上リハビリテーション実施加算の新たな活用方法が提示され、リハビリテーションマネジメント加算(A)(B)との組み合わせもあり、より一層の普及が期待されます。当会は兼ねてより、研修会を通して様々な情報をお伝えしてまいりましたが、改定後の新たな制度に適応できるよう、さらなる変革を続けていきます。令和2年度よりオンライン形式の研修会を開始し、現地開催では参加が難しかった方も多くのご参加をいただきました。今後もオンライン開催を中心に研修会を企画し、情勢によっては参加者同士の交流が取りやすい現地開催も検討していく所存です。

 また、令和3年度からいよいよ在宅リハビリテーションエキスパート・ジェネラリストコースが開講します。皆様に安心してご参加いただけるように、オンライン開催を中心に準備を進めています。あらゆるケースに対しオールラウンダーとして対応可能な在宅リハビリテーションマスターを一緒に目指していきましょう。

 末筆になりますが、COVID-19のワクチン接種による日常の再変化や令和3年度介護報酬改定により、さらなる変革が求められることになります。今後も会員の皆様とともに、通所リハビリテーションの発展に向けてより一層精進してまいります。皆様のご支援とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人全国デイ・ケア協会 会長
東京湾岸リハビリテーション病院 院長
近藤 国嗣