新認定制度「認定デイ・ケアマスター」が開始されました

令和2年度まで施行されていた旧認定制度「認定管理者」は、令和3年度より新認定制度「認定デイ・ケアマスター」へ移行されました。

認定デイ・ケアマスターとは、介護保険分野の通所系サービスにおいて、サービスの質の向上や利用者の自立支援、地域住民の自助・互助活動の支援、地域リハビリテーションの普及・啓発を促す通所系サービス従事者の育成を目的として、一定の水準に達した従事者が取得できるものになります。取得できる職種に関しては、医師、看護師、介護職、リハビリテーション専門職、医療福祉相談員など多職種にわたります。

詳細は認定デイ・ケアマスター専用ページをご参照ください。
認定デイ・ケアマスター専用ページ

認定デイ・ケアマスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です